セントラ眼科トップページへ
 日帰り白内障手術、一般眼科、レーザー治療、小児眼科、メガネ処方

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

セントラル眼科 診療方針 セントラル眼科 診療内容 セントラル眼科 診療の流れ セントラル眼科 診療時間 セントラル眼科 アクセス情報 セントラル眼科よくあるご質問 セントラル眼科メディア掲載情報
セントラル眼科診療内容 一般眼科
セントラル眼科診療内容日帰り白内障手術
セントラル眼科診療内容 糖尿病性網膜症治療
セントラル眼科診療内容 緑内障治療
セントラル眼科診療内容レーザー治療
セントラル眼科診療内容 小児眼科
セントラル眼科診療内容コンタクト・眼鏡処方

 

 

  糖尿病性網膜症治療

糖尿病性網膜症は、糖尿病の3大合併症のひとつで、我が国では成人の失明原因の第一位となっています。
糖尿病で高血糖になると、血管に負担がかかり、血液の流れが悪くなったり、血管が破れやすくなったりします。
網膜には細かい血管が密集しているため、この影響を非常に受けやすく、網膜症となり、視力に大きな影響を及ぼします。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

糖尿病性網膜症の症状

  糖尿病網膜症は、糖尿病発症後数年から10年以上経過して発症するといわれていますが、かなり進行するまで自覚症状がない場合もあり、まだ見えるから大丈夫と放置すると、眼底出血、視力低下、失明といった経過を進みとても危険です。糖尿病の人は、自己判断をせず、目の症状がなくても定期的に年に1回は眼科を受診し、眼底検査を受けるようにしましょう。
糖尿病性網膜症の治療
  網膜症が軽い段階では、血統のコントロール・投薬によって進行を食い止めることが可能です。眼底出血が発見された場合は、初期であれば「レーザー光凝固療法」、中後期では、「硝子体(しょうしたい)手術」を行います。初期では入院をせず通院での治療も可能ですが、糖尿病網膜症を放置しすぎたために、手術のかいもなく失明にいたるケースもあります。何より早期発見早期治療が大切です。
 
以降フッター
無断転載ご遠慮ください   サイトマップ
■セントラル眼科クリニック 千葉県市川市行徳駅前2-13-16 Tel.047-396-6255 MAP
■セントラル眼科今川内 千葉県浦安市今川1-1-43 Tel.047-305-0055 MAP